安全な酸素療法

人間が呼吸をするのに必要な酸素。しかし場合によっては毒にもなりえます。その酸素を活用した酸素療法とは、どのような効果をもたらすのでしょうか。

サイトトップ > 酸素療法とは

スポンサードリンク

安全な酸素療法

酸素療法とは


酸素療法とは、酸素欠乏症の治療の目的で、空気中に含まれている酸素濃度(21%)より高い濃度の酸素を吸入させる療法です。


酸素欠乏とは生体組織が十分な酸素をとることのできない、次のような状態です。①吸気中の酸素濃度が低い②肺胞から血液に酸素が溶解しにくい。③酸素を運搬するヘモグロビンが少ない。④組織に行く血流が悪い。⑤酸素があっても組織がそれを利用できない。 酸素療法は、①から④までの状態に有効です。高濃度の酸素を吸入させると、血液の酸素分圧は高まり、また、血中に溶解する酸素やヘモグロビンと結合する酸素も増加するため、それだけ組織は酸素の供給を受けられることになります。 


●酸素療法の方法 
≪経鼻カテーテル法≫両側鼻孔から約1センチメートル程度のカテーテルを鼻腔内に挿入し、酸素を吸入させる方法。≪マスク法≫使い捨てのポリエチレンマスクや、さまざまの形をしたマスクが用いられます。なかでも特徴のあるのは、ベンチュリー管の原理を利用したベンチュリーマスクで、酸素と空気との混合比を調節することによって、希望する酸素濃度のものを患者に吸入させることができるものです。≪酸素フード≫患者の頭だけを覆ってここに酸素を送る方法。

≪酸素テント≫患者の上半身をテントで覆い、この中に温度や湿度を調節した酸素を送るもので、長時間の酸素療法が可能。しかし、効率が悪いのが難点で、患者の看護にもテントが邪魔になります。


安全な酸素療法

MENU



スポンサードリンク